Alankar Information

マクラメでカボションを包む編み方「タッチング結び」

マクラメ 編み方の基本 タッチング

マクラメ編みで天然石ルース(カボションカット)を包む場合の編み方は、「タッチング結び」という結びを繰り返します。

こちらに短い時間ですが、動画を貼り付けました。

ALANKARでは、「タブレロ」という木製の固定道具を使ってロウビキ紐を固定する方法を採用しています。

動画でのタッチング結びの編み方も、基本的にタブレロを使用した場合の方法です。

「タッチング結び」は、石包みをするときの準備段階として基本的な結びですので、習得してくださいね^^

関連記事

ページ上部へ戻る