Alankar Information

マクラメの糸はどんなもの?

ロウビキ紐 ワックスコード LINHASITA

ロウビキ紐(ワックスコード)についてお話しします。

私は、作品制作にもレッスンにもブラジルの「LINHASITA」社製のロウビキ紐を使っています。

ワックスコードは、メーカーの選択肢は様々です。

7〜8年前くらいだったでしょうか。
まだお教室を始める前のことです。

マクラメをされている人すらまばらで、どんな材料を使っていいのか手探りの状態でした。

とにかくネット検索して、ロウビキ紐、ワックスコードというキーワードで探し回りました。

検索で出てくるのは、レザークラフトの材料屋さんがほとんどでした。

もちろんそれでもいいのですよ。
ただ、コストの面で採用できませんでした。

その後、タイ製、中国製、アメリカ製、国産、そして太さもいろいろ見つけることができました。

ワックスあり、ワックスなし、これも試しました。

ワックスなしでも編めます。

タイ製のワックスコード。
これはロウの付き具合が多く、時々手を洗わないとベタつきがすごかったので、お試ししただけでその後使用していません。

中国製のワックスコード。
仕上がりが柔らかく、また「編み紐」だったため太さ調整することができず、これもリピートしていません。

シニュー糸に関してはレザークラフトされる方が使うようですが、コスト面で断念です。

身近なミシン糸。
実はこれも試したんです(笑)

ポリエステル製のミシン糸なら、カラーバリエーションが豊富で手に入りやすい。

いろいろ編んで試してみました。

ただ、一本では細すぎるので何本も束ねて編んでいたのですが、バラけてまとまらないし、なんだか面倒になってしまって結局断念^^;
それに、仕上がりも柔らかすぎてNGです。

そのうちにLINHASITAを取り扱う方を見つけて、使ってみたところ、ロウの付き具合や仕上がりが良い。

それにコストの面で、LINHASITAを使用することで落ち着きました。

ここまで、結構長い道のりだったのですよ。

教室を始めて5年経ち、見渡してみればLINHASITAを使用している人ばかりになりました。

自分が使用する分、お教室で使う分、参加者さんにお分けする分、と消費量が桁違いに増えてしまったことから、2018年よりブラジルのLINHASITAから直輸入を開始しました。

現在52色を扱っていますが、次の入荷で60色展開になる予定です。

使う材料で仕上がりが全然違いますからね。

LINHASITAをまだ使っていないのであれば、是非試してみてくださいね。

オンラインショップでお求めいただけます。

関連記事

ページ上部へ戻る